投稿

闇が消えれば光が差すし光が来れば闇が去る

イメージ
 ついこのまえのこと。さあ社会人だ、とおもったら難病・クローン病になって、おいちょっとまて、これ治してからじゃないと人生始まんないじゃんと治療生活に入った。で、よっしゃ治ったとおもったら、もう50ちかい。あれ? おかしいなあー。人生いまからなんですけど。  平均寿命でかんがえると、あと30年。いまから人生始めるにあたり、さて、どうしたものか。 「人間50年ンンン~」と織田信長が桶狭間にむかうまえ扇子をかざして敦盛(あつもり)を舞うのを、子供のときテレビでみて、えー、昔の人は、たったの50年しか生きられなかったのかー、現代人でよかったーとおもったが、あれ? オレいまから人生スタート、で、あと30年。  みじかっ!  昔といえば、6世紀の中国、隋によって統一されるすこしまえの南北朝時代、ひとりの若者があった。  なぜ人は死ぬのだろう。死ぬのに生きることに意味はあるのか。なぜ苦しみ、もがき、生きるのだろう。こんなことは考えないのが利口なのか。みんながそうしているように。オレは愚かか。いやちがう。みんなあきらめているだけなのだ。そんな難問を考えるのは時間のムダだと。だがあきらめは問題の解決にならない。永遠の命があるなら、考えるのをやめるのもいい。だが人生は短い。考えずに生きていることこそ時間のムダだ。オレは、いやだ。  人生最大の問題を解決したい。  答えを求めて、若者は仏道修行に打ちこむのである。洛陽の都では、早朝から日が暮れるまで、座禅し、沈思黙考する彼の姿を見ない日はなかった。  そんなある日、若者は病に伏した。  彼は思った。「まずは健康を得なければ。命あっての物種(ものだね)だ。長生きできなければ哲学どころでない」  さいわい病気は治ったが、一転、健康法を探ることになる。  不老長寿の秘訣を教える仙人を知り、弟子入りした。この才能あふれる若者はめきめき頭角をあらわし、一番弟子となった。もう教えることは何もない、これからはこの長命の法を広めよと、仙術の巻物を伝授され、彼はもといた寺のある洛陽に戻ってきたのである。 「おう、ずいぶん見なかったが、どうしてた」声をかけてくる友人の僧に、若者は得意満々にいきさつを語った。 「は? 不老長寿?」友人はツバを吐いた。「情けない。これを読んでみろ」  若者は激昂したが、かねてから一目置いていた友人であり、こいつを論破してから仙術

ラスボス探し

イメージ
 ゲーム「ドラゴンクエスト3」の大魔王・ゾーマは、暗い迷宮の奥深く、最終決戦をまえに主人公に問う。 「じろーよ。なにゆえ、もがき、生きるのか?」(名前を入力してあるので名前で呼ばれる)  わたしが答えられずにいると(システム上答えられんのだが)、「さあ、わが腕のなかで息絶えるがよい」と、ものすげー貫禄で襲ってきて、音楽も、故・すぎやまこういち先生渾身の傑作「勇者の挑戦」に切り替わり、子供だったわたしは鳥肌が立った。  ゾーマは倒した。しかし、勇者になった私は母の顔をみてからエンディングに向かおうと実家のあるアリアハンに立ち寄ろうとしたのだが、二度と帰れないことがわかり、なんのためにがんばったのか、虚無感とともに、ゾーマが投げかけた問いは長く松井少年のなかに残ることになった。  ちなみにこのドラクエ3から、ラスボスという概念が生まれた。はじめ主人公は、「敵は魔王バラモスじゃ!」と王様からきいて旅にでるのだが、バラモスを倒して凱旋すると、「みなのもの、祝いのうたげじゃ!」とやっているさなか真の大魔王ゾーマが現れ、兵士たちを殺したあと姿をくらましてしまうのだった。じつはこのゾーマが最後のボス、ということでラスボス。  おとなになった松井は、クローン病になり、長い旅にでることになった。  いろんな人に、いろんなことを言われた。「クローン病は絶対に倒せぬ」「じろーよ。敵は免疫じゃ! 免疫を殺してまいれ」「この薬で免疫などイチコロじゃ!」  いやそれちょっとおかしくねと情報をきき回ると、「ほんとうは免疫さんは味方なのですよ。免疫と手を組みなさい」「だが味方になった免疫はまだ弱い。免疫を育成するのだ」「さすればクローン病は消え去り、世界に平和がおとずれるであろう」  いろいろやった。治らなかった。なにか足りない。何だ。ラスボスはどこにいる。 「じろーよ。なにゆえ、もがき、生きるのか?」  ゾーマが投げかけた、この問いそのものが実生活においてはラスボスである。  免疫を育てる治療は苦しい。それはそれは痛い。つらい。  だが難病が治るまでの長い旅で、つらいのは体の苦痛よりも、精神の苦痛だった。  こんなつらい治療をして治るのか、治らないのか。治るとして、5年後なのか、10年後なのか、30年後なのか、先が見えない不安がきつい。  だが、もっときつい、最も恐るべき精神的苦痛があった。 「

いまの判断は常に最善の判断

イメージ
 たしか「半沢直樹」のシーズン2だったと記憶するが(ちがってたらゴメン)、堺雅人さんが(ちがうかも)、銀行の階段を降りながら仲間にこぼした。自分がしていることは正しいことなのだろうか。正しいと思ってしているが、ほんとうにこれでいいのか、わからなくなると。  仲間が励ます。  そんなことは誰にもわからない。それは結果が出て初めてわかることだ。だからおれたちは、そのときそのとき、正しいと思うことをするしかないんだ。と。  このメルマガは、松井二郎がジャーナリストとして、そしてなにより難病が治った経験にもとづいて、「これが正しい」と判断したことを書いているものです。  いつも迷ってきました。調べに調べて、どうもこれが正解っぽい、と、いちおうそのときは判断して、決めたからには迷わず全力をつくす。そうしてきました。  で、いま、どうやらほとんど治ったっぽい。「あ、正しかった。」と、ようやく確認できた次第です。  17年かかりましたがー。笑  これからもわたしの情報発信はこの連続です。それはすべてのことが、すべての人がそうであるように、わたしもそうなのです。  なのでわたしの拙文を、ありがたいことに読んでくださっているあなたも、あくまでも参考にとどめて、最後は自分で決断してください。そしてその決断は、すべてのことがすべての人がそうであるように、絶対の正解なのかどうか、そのときはわからないことを知っておいてください。冷静に、なるべく多くの情報を集め、なるべく公平に情報を整理して、最後は自分のポリシーにしたがって決めるのです。それを正しい判断と呼んでまちがいありません。  で、きょうはいただいたメールにお答えします。  お悩みが深刻なので、わたしは、こうしてくださいとは言えない内容です。でもお答えしたい。でも責任がとれない。あーどうしよう。  うん。わたしが正しいと思うことを書こう。それしかない。  ではどうぞ。  いつもメルマガを読ませていただいています。もう何年になるかわからないぐらいです。甲田先生・松本医院・シャカの言葉・ユーグレナでご快復されていること、自分のことのように私も嬉しいです。 以下私ごとですみませんが、歯の扱いについて岐路に立っています。 奥歯の詰め物(金属)が虫歯で外れてしまったため歯科に通い始めたものの、神経まで達してしまいました。 今後治療を受ける上で薬剤

治っても死ななくなるわけではない

イメージ
 メールをご紹介します^^   ◇ 老子の「足るを知る」という言葉。私も好きな言葉です。(中略) 仙人になって修行というのは、自分さえ悟りの境地に入って幸せになれればいいのかと自分勝手な気もします。 この俗にまみれた世間の中に入って修羅場を潜り抜けながら試行錯誤しているだけでも充分修行できるので、わざわざ仙人にならなくてもいいのではないかと思ってますが、 どうなのでしょうか。 (ひまわり さん)   ◇   ありがとうございますっ ^^  いやホントそれ。  ひとり山の中で何かを得ようとしても何も得られず、 たとえ得られたとしてもさぞつまらないでしょう。 ひとにお返しするために もがいてこそ 得るべきものが得られる。 むしろ、山を下りるべき。 法然(ほうねん)も親鸞(しんらん)も始めは山で修行していて、 これじゃダメだと山を下りました。  欲をなくそうとしたところで、欲はあるのだから。 ていうか欲が「ある」んじゃなくて、 欲がわたし、 わたしが欲なんだから、 醜いままが美しい、汚いままで輝くわたしにならないと、 キリがない欲を持ったままで満ち足りることは永遠に不可能です。  問題はどうやってそんな状態になるか。  クイーンのデビュー曲 「炎のロックンロール(Keep Yourself Alive)」 にこういう歌詞がある。 「『キミは毎日が良くなっていると思うかい?』 『いいや、毎日が墓場に向かっていると思うよ』」 だからキープャセルファライヴ!! 今を生きようぜ! てなるのであるが、 うん、そうなのだが、 今を満足するには その「モヤっとした心」を片付けておかないといけないのだ。  芥川龍之介は、35歳で自殺する直前、友人にあてた手紙のなかで 「ぼんやりとした不安」 と書いている。  自分がなぜ死ぬのかというと、理由は、ただぼんやりとした不安であると。  しばらく文学者のあいだで、この「ぼんやりとした不安」とは何であるか、かんかんがくがくの解釈がつづいた。いまも芥川を研究する者はこの問題が避けて通れない。  なぜ売れているまっさいちゅうの35歳で自殺したのか。  死を強く意識していた晩年の作品から見えるのは、「どうせ死ぬのになぜ私は生きているのだ」という煩悶(はんもん)である。  一度この悩みにとりつかれてしまうと、何をしても無意味に思えてしまうのだ。  昭和2年

欲という病

イメージ
  「足るを知る」と言ったのは老子(ろうし)である。  プレステが欲しい。switch(スイッチ)が欲しい。そうだろうか。  たしかに、欲しかった。欲しくて、欲しくて、たまらんかった。だけど、ないならないで、ないのが当たりまえで、やってこれてしまった。  そりゃゲーム機だから、なくても生きていけるのは当たりまえだ。  だが、わたしが買えなかったのは、ゲーム機だけでない。この4年間、服も買ってない。そろそろ下着が何点かダメになりそうなので、もうちょっとしたら買わないといけないが、まだいける。  食料品は、買わないと餓死するので買うが、生命が維持できればいい。高いものはいらない。高いものとは、高級品ということではなく、たとえば菓子パン1個を買おうとおもえば食パンが1袋買えるので、菓子パンは「高いもの」である。  漢方薬を1回ぶん買うお金があれば、「ほぼ漢方薬」であるカレー粉(ルウじゃないよ。ウコンとスパイスをブレンドしてある粉)が数年ぶん手に入るので、漢方薬は高級品である。  これらすべて、なくても、こと足りている。  てか、足りていると知ってから、クローン病が治った。  すなわち、「足るを知る」。なるほどねえ。  さらに孟子(もうし)は、 「心を養うは寡欲(かよく)より善(よ)きはなし」  と言っている。  こっちは「足るを知る」よりももっと積極的なニュアンスがある。心を成長させようとおもうなら、なによりも役に立つのが欲を抑えることだと。なので老子の、なんとなくあきらめの境地っぽいところから、もっと踏みこんで、「欲しい」という心を自らすすんで捨てていこう! というスローガン的な言葉である。  うん。そう。そうなのだ。それは、たしかに、そうなのだ。  何もいらなかったなあ。何にもなくても生きていけるんだなあ。それで何も困ることはないんだなあ。あのまま「欲しい、欲しい」の心が燃えあがっていたら、たぶんまだクローン病は治っていない。足るを知る。そのとおり。知るべきである。  だけれども、なあ。  そうはいっても、おれ、なあ。  プレステもswitch(スイッチ)もやりたくないわけじゃないんだよぉぉぉぉぉ(w)  じゃなきゃこんな記事書いてねぇぇぇ。  前回もちょろっと触れたが、文化への関心がまったくなくなってしまうと、よくない。仕事に支障がでる。好奇心を失うと脳も衰える。ニ

鏡の中で暮らしてたらゲーム卒業してた

イメージ
  プレイステーション3が欲しかった。  ゲーム機である。  発売は2006年。ときあたかも爆発的ヒットとなった任天堂のゲーム機「Wii(ウィー)」とほぼ同時に現れ、現れたはいいけど、Wiiの影に隠れるかたちとなってしまい、あんまし話題になんなかった悲運の機種だ。  買ってあげたい。  って、なんで上から目線なんだって話だが、このプレイステーションのシリーズは、初代機の登場もすごかったがそれに続く「プレイステーション2」への進化もすばらしく、2世代つづけてヒットした。ところが「3」は、あんまし、そんなに、んーこれどこ変わったのう? 的な、マニア以外にはいまひとつ訴求力に欠ける商品だった。「プレステ2あればいいじゃん」的な。  買ってあげたい。  おれ、マニアなんで。  でもプレステ2あるし、買ったばかりのWiiもあるし。うん。とうぶん、いらんわ。となった。  いっぽうそのころ、クローン病はいちばん苦しい「底」に向かい始めていた。ぱぱっと治しちゃおうと思っていた計画は大幅に外れ、さんざん書いたとおり毎日38度の熱、30回から40回の下痢、おしりに5つの穴があいてウミが流れ激痛で座ることもできず、ほぼ寝たきりになった。  本を読んでも頭に入ってこないので、ぼーっとテレビを見ているしかない。かすかに元気なとき、とっくに飽きたWiiをいじるくらいしか、まったくもって楽しみがなかった。  プレイステーション3を買いたい。いまこそ。  しかし、クローン病も底なら、貯金も底をついていた。  さんざん書いたとおり漢方薬どころか日々の食費に困っていた。どこをどう削れば生活できるだろう。  娯楽費なんて真っ先に全切りしている。  ゲーム機はおろか、マンガ本も買えない。レンタルすらできない。ああ、「ジョジョ」の続きはどうなっているのだろう。「キングダム」はどのへんまで話が進んだのか。読みてぇ。 「よし。漢方薬が買えるようになったら、マンガをレンタルしよう。そしてプレイステーション3を買ってやる……ッ」  病気は治らなかった。ますますひどくなっていく。  金欠もおさまらない。貯金はゼロどころかマイナスに。  読者さんがじりじり減る。  もとから友達がいないのに引きこもっているから完全に「ぼっち」。  遠ざかっていく。何もかも。  わたしはクローン病を治すなんて言っているけど、もしかしてこの

セロトニンと殿様のカゴ

イメージ
  あなたは今、しあわせであろうか?  なんていうと宗教の勧誘みたいだが、いや、そうじゃなくて、実感の話だよ。  しあわせ、な、はずなのだ。  あなたは今、むかしの殿様以上の暮らしをしているからである。  江戸時代まで、最高の乗り物といえば、「かご」だった。殿様くらいしか乗ることができない。しかし、長い道中、狭い箱の中は手足をじゅうぶんに伸ばすこともできず、夏は蒸し風呂、冬はスキマ風、長時間ゆらゆら揺られ、これは何の罰ゲームですかという乗り物だった。  ところがあなたは自動車に乗っている。マイカーは持ってないよという人も、タクシーを呼べばサッと高級車が運転手つきでやってくる。数千円で、殿様もびっくりのご身分が味わえる。  食事にしても、きょうのあなたの「いつものごはん」は、王侯貴族のごはんである。あーまたきょうもこれか、というその食事を、かつての庶民は一生あこがれ、いちども口にできずに死んでいた。  他にもあなたは、雨つゆしのげる家があり、水道から世界一きれいな水がどばどば出て、銀行口座を持っている。  ここまでの条件がそろっているのは、地球を100人の村とすると1人だけである。  で、しあわせでない。  言われてみれば、なるほどたしかにしあわせなんだな、と頭ではわかる。だが実感がない。しあわせの手ごたえ。が、ない。  ないはずだ。人間の欲望にはキリがないのだから。  車に乗れるのなんて当たりまえだろとなってしまうと、もうそれは幸せの要素ではない。もっといい車に乗っている人をみるとそわそわしてくる。幸せどころか、苦しみのタネだ。  現代はスマホなどという珍妙なアイテムもある。これも殿様が見たら腰を抜かす道具だ。かごの中でこれがあったらさぞ退屈がまぎれたのにと地団駄踏むだろう。殿様どころか、わたしの実家の老父母が見てもたまげるアイテムである。パソコンの仕事をしている私でさえiPhoneが登場したときは驚いたものだ。  で、いま、そのスマホを指でチョンチョンしながら私たちは「退屈だ」と言っている。  この世で最も不幸な人は感謝の心のない人である。  しあわせという感情を生物学的にいうとセロトニンの分泌といえる。セロトニンは副交感神経が優位のときに出て、脳にしあわせ感をもたらす。ストレス状態では交感神経が興奮しているのでセロトニンが出ない。しあわせを感じない。セロトニンが